開運御守護印とは?



印鑑は自分が自分であることの証し

 「印鑑」とはいったい何でしょうか?
わが国に印鑑登録制度が導入されたのは、近代国家として再出発したばかりの明治6年のこと。当初は庄屋など地域の有力者が印鑑帳を保管するという仕組みだったそうですが、現在は市町村など地方自治体が氏名・住所・性別などの情報とともに、印鑑の印影を登録するシステムとなっていることはご存じの通りです。その登録された印鑑が「実印」と呼ばれるもので、たとえば不動産取引や遺産相続、クルマの売買などに際して必要となります。銀行口座を開く時に必要となる銀行印とともに、財産や権利に関する手続きに必要不可欠な大切な印鑑であり、すべての社会的権利は自分の「実印」を押すことで発生するといっても過言ではありません。いわば印鑑とは社会生活を送るにあたって、「自分が自分であることの証し」ではないでしょうか?
inkan_img01.jpg近年ではコンピューターの台頭により、低価格にて大量生産できるようになり、今日頼んだ物が明日には届く。そんな時代になってしまいました。 ですが、そのような機械では予めできた字体であり、何本でも同じ印鑑ができてしまうということになります。
日本印相協会では、ご注文いただいた印鑑すべてに対し「姓名鑑定」をさせていただいております。 その鑑定結果をもとに、印鑑に対しての吉数をつけ、郷土伝統工芸である手彫りにて、一本一本手仕上げで作らせていただいております。もちろん材質は、選び抜かれた良質の印材。オーダーメイドで完成した印鑑は、唯一無二のものとなります。
 少々お時間いただき、即日にお送りすることはできませんが、あなたの決断を後押しし、あなたの願いを託せる上質なよき印鑑をお届けすることを約束致します。
それが創業50年来多くのお客様にご愛用していただいている開運御守護印なのです。


人生をパワーアップする「開運御守護印」

 私たちの姓名は、親や親族などが健やかな成長を願い、命名したものであり、「姓名」とは同じ発音の「生命」そのものへの希望と考えることもできるでしょう。そして姓名はその画数によって、人それぞれの運命が決定されるともいわれています。そこで姓名=生命を刻む「実印」において重要なのは、画数があらわす運命がたとえ凶相であっても「吉相」に転じることができる「印相」です。

印相八方位

 「宗家 日本印相協会」がご提供する印鑑は、姓名学、開運学、印相学をベースにした印相八方位に基づく印面上の調和を図りながら、職人が魂を込めて一本一本丁寧に仕上げたもので、すべての製品に開運鑑定保証書をお付けしています。

お祝いの贈り物として喜ばれています

inkan_img.jpg 実際、出生届けからはじまり入学・進学、就職、成人、結婚、厄年、新築……など、節目節目において、私たちは印鑑を押すことで人生の新しい局面を切りひらいていきます。「印は命なり」「印は心なり」「印は顔なり」….印鑑とは決して単なる道具ではなく、自分の分身のような存在なのです。

理念


ban_go-shop.pngban_go-shop.png

pagetop.png